〇〇 × 教育
- 身の回りのすべてが『教育になる』-
クロスエデュケーションラボ

お問い合わせはこちら

Cross Education Lab.とは
Cross Education Lab.とは

クロスエデュケーションラボは「〇〇×教育」を科学することで、身の回りにあるものの教育的価値を見出し、従来の教科の枠にとらわれない教育の選択肢を増やすことで、現代教育における多様なニーズに対応する取り組みを行っていきます。
クロスエデュケーションラボがさまざまなものと教育をクロス(×)させるハブとなり、今までにない全く新しい教育関連サービスを生み出していきます。

クロスエデュケーションラボは「〇〇×教育」を科学することで、身の回りにあるものの教育的価値を見出し、従来の教科の枠にとらわれない教育の選択肢を増やすことで、現代教育における多様なニーズに対応する取り組みを行っていきます。
クロスエデュケーションラボがさまざまなものと教育をクロス(×)させるハブとなり、今までにない全く新しい教育関連サービスを生み出していきます。

ABOUT

株式会社イオンファンタジーの運営する「ゲームカレッジ Lv99」の監修を行いました。

「ゲームカレッジLv99」は”あそび”の持つ”まなび”の効果を活かし、ゲームを通じて自発的に考える力や、探求心を伸ばし、これからの社会に求められる能力を伸ばすオンライン型のゲームスクールです。

株式会社イオンファンタジーの運営する「ゲームカレッジ Lv99」の監修を行いました。

「ゲームカレッジLv99」は”あそび”の持つ”まなび”の効果を活かし、ゲームを通じて自発的に考える力や、探求心を伸ばし、これからの社会に求められる能力を伸ばすオンライン型のゲームスクールです。

もっと見る

身の回りの全てが『教育』になる身の回りの全てが『教育』になる

これが僕たちのコンセプトであり、「答え」です。世の中は知で溢れています。例えば、スマホ。今では当たり前のように生活の中にありますが、ここにも「知」は詰まっています。しかし「当たり前」が当たり前でなかった時代というのはあります。そう考えると、「当たり前」とは「何かしらの問題を知で乗り越えてきた先にあるもの」だということがわかります。「問題が少なくなった時代」などと言われたりしていますが、言い換えると「世の中は知で溢れている」とも表現できます。これらを学びに使わないのは、もったいない。

好奇心と知の相性はすごくいいです。僕たち大人にも「何かのために学ぶ」ということを忘れて「ただただ学ぶことが楽しい!」と思う瞬間はあったはずです。そしてそれは、教科書には載っていないことだったりすることも多かったのではないでしょうか。

学びを楽しむことに、年齢制限はありません。才能もいりません。必要なのはちょっとした「きっかけ」だけです。僕たちがその「きっかけ」を提供して、学びを楽しむ自分を思い出してもらいたいと考えています。教材は「世界」です。身の回りの全てが教育になる時代なのです。

Cross Education Lab.代表 正頭英和
小学校教諭(英語・ICT)Global Teacher Prize 2019 Top10

これが僕たちのコンセプトであり、「答え」です。世の中は知で溢れています。例えば、スマホ。今では当たり前のように生活の中にありますが、ここにも「知」は詰まっています。しかし「当たり前」が当たり前でなかった時代というのはあります。そう考えると、「当たり前」とは「何かしらの問題を知で乗り越えてきた先にあるもの」だということがわかります。「問題が少なくなった時代」などと言われたりしていますが、言い換えると「世の中は知で溢れている」とも表現できます。これらを学びに使わないのは、もったいない。

好奇心と知の相性はすごくいいです。僕たち大人にも「何かのために学ぶ」ということを忘れて「ただただ学ぶことが楽しい!」と思う瞬間はあったはずです。そしてそれは、教科書には載っていないことだったりすることも多かったのではないでしょうか。

学びを楽しむことに、年齢制限はありません。才能もいりません。必要なのはちょっとした「きっかけ」だけです。僕たちがその「きっかけ」を提供して、学びを楽しむ自分を思い出してもらいたいと考えています。教材は「世界」です。身の回りの全てが教育になる時代なのです。

Cross Education Lab.代表 正頭英和
小学校教諭(英語・ICT)
Global Teacher Prize 2019 Top10

NEWS / PRESSお知らせ

VIEW MORE

Cross Education Lab.へのお問い合わせ、プロジェクトのご相談、取材のご依頼はこちらまで。

Cross Education Lab.へのお問い合わせ、プロジェクトのご相談、取材のご依頼はこちらまで。

CONTACT

PAGE TOP